社長メッセージ

代表取締役 山本 拓
日本ノボパン工業株式会社
代表取締役 山本 拓

我々がしなければならないこと
そしてできること

 人類がこれからも持続的な発展をするためには、産業革命以後に定着した地球環境を無視し、資源を浪費する大量生産・大量消費型の産業の在り方を改めていかなければなりません。現代の人類は、こうした問題に「気付いた」世代であり、そして行動の責任を抱えています。

 当社は、古くから山林業をベースに製材業を営んでいた関連会社(株式会社ヤマゲン)の生産活動で発生し続けた木材の残渣(鋸屑や鉋屑など)を「もったいない」から何かに利用できないかと模索し、スイスで開発された製法特許・ノボパン法を元に昭和31年にパーティクルボードの専業メーカーとして設立されました。設立からの一貫した理念は資源の最大有効利用でありますが、当初使用していた製材・合板工場からの木材残渣中心から、都市ゴミとして発生する廃棄物(産業・一般廃棄物)の木くずリサイクルへ移行し、事業規模を拡大して参りました。木くずの「もったいない」から始まった当社は、木材の高度な利用と必要性に「気付き」 それを実直に実施した事で、全国で最多量の廃木材をボードにリサイクルする企業に成長しました。

事業活動による年間の二酸化炭素固定化量は約28万トン、森林の吸収量に換算すれば約7万ha(凡そ琵琶湖の大きさ)に該当します。日本最大の生産規模を持つ本社堺工場では、大型の木くず燃焼による発電設備(バイオマス発電事業)を併設し、木くずのマテリアルリサイクル(ボード生産)とサーマルリサイクル(発電と廃熱利用)が一元化しており、生産工場の究極の形である外部からエネルギー供給を受けず生産可能な自給自足型工場となっています。同じく近代化された茨城県つくば工場と共に業界を先導した新技術を導入して、パーティクルボードを建築材として利用拡大に努め、建築用パーティクルボードといえば『ノボパン』という信頼を得てまいりました。

熱帯雨林の保護を実現するためラワン合板の代替材や、地震・台風に強い構造用耐力壁材の製品化、またシックハウス対策として極低ホルマリンボードやホルマリンゼロ製品を全ての製品に採用など、当社の理念に基づき市場の求める環境に対応した製品や健康に配慮した製品の提供を続けています。そして今後もお客様が求める製品開発を続け、パーティクルボードの更なる用途開発を進めてまいります。

当社はパーティクルボード製造メーカーであると同時に廃木材・未利用木材などをリサイクルする再生業者でもあり、また再生可能エネルギーの発電事業者でもあります。こうした多面性を最大限に生かし、木質資源の有効利用を追及していくのが当社の責務です。今後、より一層高まる環境意識の中で引続き不断の努力を続け、国際的課題に発展した二酸化炭素削減問題や、活用されていない我が国の森林資源の利用等、大きな課題解決に挑戦し、次世代の社会へ継続的に貢献できる企業になる努力をしてまいりたいと考えております。

PageTop