沿革

1942年(昭和17年) 7月 スイスのフレッド・ファルニー氏によってパーティクルボード「ノボパン」の製法が発明される。
1956年(昭和31年) 12月 日本ノボパン工業株式会社が設立する。
1960年(昭和35年) 3月 工場を大阪府堺市新設、操業を開始する。
5月 三井物産、松下興産の発売元を通じ、ノボパンの発売を開始する。
1962年(昭和37年) 3月 工場プレスを8段に増設し生産力の増強を図る。
4月 日本工業規格表示工場の許可を受ける。
1963年(昭和38年) 10月 発売元に稲畑産業が加わり3社となる。
1967年(昭和42年) 9月 工場設備を増設、生産能力が20,000トンとなる。
ノボパンの生産が月産3,000トン突破を記録。新製品メラミンボードを発売する。
10月 工場合理化を図り、生産能力が40,000トンとなる。
1971年(昭和46年) 6月 山本陽一、代表取締役社長に就任。
1973年(昭和48年) 3月 生産能力が月産5,000トンとなる。第2工場増設計画を決定。
1974年(昭和49年) 10月 第2工場建築落成竣工を行う。
1975年(昭和50年) 7月 第2工場完成、初板生産する。
1980年(昭和55年) 3月 生産が月産10,000トン突破を記録。
1985年(昭和60年) 6月 イソシアネートボードを発売する。
1988年(昭和63年) 12月 本格的に家屋解体材を原料として生産する。
1990年(平成 2年) 3月 生産が月産11,000トン突破を記録。
1991年(平成 3年) 1月 コージェネレーションシステム導入完成。
1995年(平成 7年) 7月 生産が月産12,000トン突破を記録。
1996年(平成 8年) 1月 つくば新工場の建設を決定。
6月 販売量13,000トン/月突破を記録。
1997年(平成 9年) 10月 つくば工場完成、初板生産する。
1999年(平成11年) 7月 販売量15,000トン/月突破を記録。
9月 つくば工場、「ISO9001」認証取得。
11月 つくば工場、日本工業規格表示工場(JIS A5908:1994)の許可を受ける。
2001年(平成13年) 3月 つくば工場の生産が月産10,000トン突破を記録。
2002年(平成14年) 8月 堺工場、「ISO9001」認証取得。
11月 販売量20,000トン/月突破を記録。
2003年(平成15年) 12月 山本 拓、代表取締役社長に就任。山本陽一、代表取締役会長に就任。
2004年(平成16年) 1月 「ISO14001」認証取得。
8月 構造用耐力面材「novopanSTP」の販売開始。
2006年(平成18年) 2月 東京営業所を新木場から秋葉原に移す。
2007年(平成19年) 9月 構造用耐力面材「novopanSTPⅡ」の販売開始。
12月 バイオマス(木屑)リサイクルによるエネルギー供給施設を大阪/堺工場敷地内にて稼働開始。
2008年(平成20年) 3月 堺工場 新生産ライン完成、初板生産する。
4月 堺工場 新生産ラインによる、本格生産開始。
2013年(平成25年) 10月 構造用耐力面材「novopanSTPⅡ」の販売が5,000トン/月を突破。
12月 両工場の「ISO9001」審査登録を統合。
2015年(平成27年) 10月 構造用耐力面材「novopanSTPⅡ」の販売が7,000トン/月を突破。
PageTop