ノボパンとは

パーティクルボード「ノボパン」とは

パーティクルボード

ノボパンが誕生したのは1942年。スイスのフレッド・ファルニー氏により発明されました。木材をはじめとする植物繊維質の切削片・破砕片(パーティクル)に合成樹脂接着剤を塗布し、人工的に成板する製品=パーティクルボードの開発に成功したもので、その製法および商品名を「NOVOPAN(ノボパン)」と名づけました。NOVO=NewとPAN=Panelの合成語で「新しい板」を意味するネーミングです。

日本ノボパン工業の歩み

1956年、「ノボパン」のすばらしい可能性に着目した当社は、三井物産の協力を得てスイスのファルニー研究所といち早く技術提携を結び、折からの高度経済成長期を迎えつつあった我が国において、技術開発および生産・販売活動を開始しました。
以来、常にパーティクルボードのトップメーカーとして業界をリードし、産業界の厚い信頼に支えられて着実な発展を遂げてきました。

パーティクルボード「ノボパン」の特徴

パーティクルボード「ノボパン」の特徴
戸建住宅床下地

各種床材の下地材として使用されています。

マンション床下地

乾式遮音二重床工法で使用されています。

屋根下地(野地坂)

強い釘保持力で瓦をしっかりと固定します。

家具、木工用途

家具用途には表面が平滑なファインタイプが適しています。

外壁下地(耐力壁)

国土交通大臣認定を取得した構造用面材です。(novopan STPⅡ)

外壁下地(耐力壁)
PageTop